*

つらい失恋から立ち直る方法!皆どうやって立ち直る?(女性編)

どんな女性でも一度は経験するものと言えば失恋でしょう。

失恋はとても辛く心に大きな痛手を負い、抜け道もないように感じますが、

時間が経つにつれて立ち直ることができるものです。

 

特に女性は男性に比べて立ち直るスピードが早いようです。

それでは多くの女性が実践している

「失恋から立ち直る方法」についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず泣いてストレスを解消しよう

失恋立ち直る方法女性01

大好きな彼氏を失ってしまったら、まずは思いっきり泣きましょう。

泣くことで溜まっていた鬱憤をすべて解消することが大切です。

 

その際、仲の良い友人に打ち明け話をしながらでも良いですし、

ベッドの中で延々と泣いてみても良いです。

 

科学的にも実証あり

悔しい気持ちや悲しい気持ちで泣けば、

涙と一緒に副腎皮質刺激ホルモンである「ACTH」や

副腎皮質ホルモンの「コルチゾール」も涙と一緒に流れ出てくれるので、

辛いというストレスを緩和してくれる働きがあるのです。

 

泣くことによって自分を解放してあげましょう☆

 

彼との思い出を処分していこう

失恋立ち直る方法女性02

今まで彼と過ごしてきた思い出は出来る限り処分していきましょう!

 

恋の呪縛から解き放たれる

最初は写真を見るだけで悲しさがこみあげてくるかもしれません。

無理をして捨てる必要はありませんが、捨てることによって

自分を無くした恋の呪縛から解き放つことができます。

 

恋の呪縛が解けたら冷静になる

呪縛が解ければ過去の恋愛に対して冷静に見ることができるようになり、

「なぜあんなに泣いてしまったのだろう?」

と不思議に思えるように変わっていきます。

 

次の出会いへ向けて前へ進みやすい

失恋をした後引きずりやすいのが特徴の男性とは違い、

女性は立ち直りが早く、さらに次の出会いに向けて

前へ進みやすい傾向にあります。

 

今は辛いかもしれませんが、少しずつ思い出を捨てていきましょう!

失恋立ち直る方法女性03

 

自分を磨いて新たな恋へ進みだそう

恋の痛手を克服したら、

次の新しい恋のチャンスをゲットするために、

自分磨きにいそしみましょう。

 

何かに没頭する姿は魅力的に映る

何かお稽古事を始めるのでも良いですし、

仕事に邁進してみるのもおすすめです。

 

何かに没頭している姿は異性から見てとても魅力的に映りますし、

また新たな環境に身を奥ことで、出会いのチャンスがぐんと広がります。

 

失恋を一つのチャンスと捉える

別に何も恋人を見つけるために色々なことに首を突っ込め、

と言っているわけではありませんが、

一つの恋を失ったことを「きっかけ」にして

自分の次なるステージへ上がっていくチャンスととらえた方が良いでしょう。

失恋立ち直る方法女性04

内面から輝いている女性は外見も必ず美しく魅力的になるはずです。

辛い経験を味わったら、それをきちんと消化して、

さらにパワーアップした恋愛を楽しみましょう☆

スポンサードリンク

関連記事

【恋愛の名言】短文・一言でも泣けてくる名言まとめ(片思い、両思い)

人は恋をすると強くなったり、優しくなれたりします。 それが一方的な片思いであっても、 恋

記事を読む

つらい失恋から立ち直る方法!皆どうやって立ち直る?(男性編)

男性だって失恋は辛いものです。 中には恋の痛手が大きすぎて、抜け道もなく、 中々立ち直る

記事を読む

つらい失恋から立ち直るための泣ける名言まとめ(女性)

失恋はだれにとっても辛い経験です。 特に一生懸命相手に尽くしたという人の場合は 身を引き

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
らくらくメルカリ便の梱包方法・ネコポス(CD編)

今回は、らくらくメルカリ便の梱包方法シリーズの続きです! 先日、

らくらくメルカリ便のサイズと送料・料金一覧表(コンパクト宅急便ネコポス)

今回は「らくらくメルカリ便のサイズや重さと送料一覧表」に関してまとめま

らくらくメルカリ便の梱包方法の概要と必要な資材・梱包材まとめ

今回は、「らくらくメルカリ便の梱包方法の流れ」と「必要な資材・梱包材」

らくらくメルカリ便の梱包方法・宅急便80(精密機器・箱なし)

らくらくメルカリ便の梱包方法シリーズですが、今回は、音楽機材(入れ物の

らくらくメルカリ便の梱包方法・宅急便80(精密機器・箱あり)

らくらくメルカリ便の梱包方法シリーズですが、今回は、音楽機材(入れ物の

→もっと見る

PAGE TOP ↑