*

【夏・冬の窓の断熱】断熱シートを使えば手軽で超簡単!おすすめ!

暑い夏と寒い冬、エアコン代がバカになりません。

でも少しの工夫で光熱費を節約でき、

省エネ効果を高められるのが窓の断熱材です。

 

窓からの暑気と冷気を断熱すれば、

エアコンなどを使わずなくても快適な温度を保つことができます。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

夏と冬の断熱に関して

冷房や暖房に頼らずに快適な室温を保つためには、断熱材が欠かせません。

夏場は外の熱気を室内に入れないこと、冬場は外の冷気を室内に入れないことが大切です。

そのためには断熱材を効果的に使いましょう。

 

断熱材は家を建てるときに、建材として使うのが一般的です。

しかし窓には断熱材を使うことができません。

夏冬窓断熱シート01

窓から差し込む夏の日差し、

窓を伝って室内に入ってくる冬の冷気をシャットダウンすれば、

断熱効果が格段に上がります。

 

窓を効果的に断熱する、断熱シートを使いましょう。

断熱シートを窓に貼れば、それだけで断熱効果が得られます。

 

断熱シートの種類

断熱シートはさまざまなメーカーが、販売しています。

単に熱を遮断するものから、UVカット効果が高いものなど、それぞれに特徴があります。

 

断熱シートの効果

断熱シートには、夏場に窓から入る日光の熱を遮断して

部屋を涼しく保つ効果があります。

 

逆に冬は、室内の暖かい空気が窓を伝って逃げていくのを防ぎます。

このため夏場は室内の温度上昇を抑え、

冬場は温度下降を防ぐ効果が期待できるのです。

 

冷暖房に頼らなくても室温を快適に保つため、

省エネ・節電効果が高く、光熱費を節約できるのもメリットです。

 

夏と冬で兼用できる?

断熱シートはいろいろな種類が販売されていますが、

最近では夏と冬、どちらにも使えるものが主流になっています。

 

しかし冬専用のものも販売されていますから、

購入する際には使える季節を確認して、商品を選ぶようにしましょう。

 

断熱シートの金額相場は?

断熱シートの価格は、サイズや効用によって異なります。

UV効果など付加価値のあるものは値段が高くなります。

 

一般的な金額の相場は、窓1枚当たり1,500円程度です。

安いものでは500円くらいのもの販売されています。

 

額注意点

網入りのガラスや、二重になったペアガラスの窓に断熱シートを貼ると、

ひび割れを起こすことがあるので注意しましょう。

 

これは熱割れと呼ばれるもので、

断熱シートを貼ることでガラスとサッシの温度差が大きくなり、

サッシの金属の膨らみによってガラスに圧力がかかって割れる現象です。

 

断熱シートを購入するときは、

自宅の窓ガラスにも使えるものかどうかを確認することを忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

冬の窓の寒さ対策には断熱シートが効果抜群!(夏にも使える?)

冬の寒さ対策としてできることはたくさんありますが、 気軽に自分でできるものとして、 窓に

記事を読む

冬の窓の断熱・寒さ対策にプチプチが効果あるってホント?

寒い冬の時期を快適に過ごすためには、 家の中を暖かく快適に保つ必要があります。 &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
甲子園・2017年春の選抜大会の出場校一覧(偏差値と野球部)

2017年・春の選抜大会の出場校(32校)が決定しました! 今年

なか卯のカロリー一覧表(全メニュー・なかう・そば・唐揚げ等々)

吉野家、松屋、すき家と来て、今回は「なか卯」のカロリー一覧表になります

かっぱ寿司のカロリー一覧表(全メニュー・河童寿司・かろりー低い)

今日も、回転寿しチェーン店のカロリー記事ですが、 今回は、「かっ

くら寿司のカロリー一覧表(一皿分・低い順・牛丼まで全メニュー)

前回に続いて、今回は回転寿司チェーン店の「くら寿司」のカロリーの一覧表

はま寿司のカロリー一覧表(浜寿司の全メニュー・デザート・サイドメニュー)

今回は、回転寿司チェーン店の「はま寿司(浜寿司)」のカロリーの一覧表で

→もっと見る

PAGE TOP ↑